西武第二球場

チーム本拠地:埼玉西武ライオンズ - 二軍 -

〒359-1153  埼玉県所沢市上山口2193-1

西武第二球場(せいぶだいにきゅうじょう)は、埼玉県所沢市にある野球場。西武ドームなどと同じ敷地内にあり、プロ野球・埼玉西武ライオンズが練習場及び二軍本拠地として使用し、イースタン・リーグ公式戦も開催される。

主な概要

1979年、西武球場(現:西武ドーム)と共に完成。フィールドは両翼95m、中堅120mで西武球場と同じサイズだった。外野後方には室内練習場や合宿所「若獅子寮」などの球団施設がある。
西武球場は1997年のシーズン中からドーム化工事が始まり、1999年に完全ドーム化。フィールドを両翼100m、中堅122mに拡張したが、本球場も同年に外野を拡張した。
イースタン・リーグ公式戦、教育リーグ、春季秋季練習およびキャンプの他、一軍公式戦の試合前にも選手(主にバッテリー陣)が練習を行うことがあり、ファンもよく訪れる。
スタンドが無く、ベンチがバックネット裏、3塁側ベンチの上、スコアボードの横、ブルペンの横などに数台設けられている。外周での立ち見、バックネット裏や3塁側の土手の上、外野芝生で座っての観戦が多くなる。3塁側の高台は2007年から立ち入り禁止となる。






≪施設概要≫
収容人数 一、三塁側に計16台の4人掛けベンチあり。(収容人数は不明)
両翼 100m
中堅 122m
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝




交通アクセス

■最寄り駅
  • 西武狭山線 西武球場前駅より徒歩3分