新潟市産業振興センター
〒950-1141  新潟県新潟市中央区鐘木185番地10

新潟市産業振興センター(にいがたし さんぎょうしんこうセンター)は、新潟県新潟市中央区鐘木に所在する展示施設。同市周辺では単に産業センターとも呼ばれる。施設は新潟市が所有し、新潟市開発公社・愛宕共同事業体(同公社と愛宕商事による共同事業体)が指定管理者として運営管理を行っている。

主な概要

1987年(昭和62年)4月開館。中心施設の一つである展示ホールの床面積は約4,455㎡で、竣工当時、新潟県内では最大規模のアリーナ施設だった。
1988年(昭和63年)夏の「第9回アジア卓球選手権大会」や、翌1989年(平成元年)夏の「ナイスふ~ど新潟 '89 食と緑の博覧会」のメイン会場となった。その他現在に至るまで、展示会やイベント、アイスショー、コンサートなどが開催されている。新潟市内でガタケットが開催される際には、この産業センターが会場となることが多い。
2003年(平成15年)春、新潟県が事業主体として整備した複合コンベンション施設「朱鷺メッセ」が竣工。新潟コンベンションセンターには床面積約7,800 ㎡を誇る国際展示場(ウェーブマーケット)が設けられた。このため産業センターは現在、新潟市内のアリーナ施設としては同センターに次ぐ規模となっている。





≪施設全体概要≫
■建物構造  鉄筋コンクリート造り 2階建て
■建築面積  7,030平方メートル
■延床面積  8,719平方メートル(1階:6,899平方メートル、2階:1,820平方メートル)

≪各施設概要≫
名称 面積 収容人員
展示ホール 約4,455㎡
大会議室 300㎡ 150人
中会議室 142㎡ 60人
小会議室(4室) 54㎡ 20人
多目的スペース 407㎡
エントランスホール 738㎡
主催者室(3室) 23㎡




交通アクセス

■バスの場合
  • 新潟駅南口バスターミナル1番線から新潟交通バス「530・531・532【りゅーとリンク】市民病院」方面行で「新潟市産業振興センター前」下車後徒歩約1分(バス停先交差点を北側へ横断)
  • コンサート・イベント等開催時には、臨時直通バスの運行あり(新潟駅南口バスターミナル1番線もしくは7番臨時のりば発)
■車の場合
  • 磐越自動車道 新潟中央インターチェンジから約3分
  • 国道8号(新潟バイパス)女池ICから約5分