東京国際見本市会場(閉鎖)
〒104-0053  東京都中央区晴海4-8

東京国際見本市会場(とうきょうこくさいみほんいちかいじょう)は、かつて東京都中央区晴海に存在したコンベンションセンターである。その所在地から「晴海」と呼ばれることが多かった。

主な概要

各館の移動通路がなく荒天時に不便であったことや施設の老朽化が進んだこともあり、1980年代末に臨海副都心の中核施設として後継の国際コンベンションセンター構想が浮上。そして1996年(平成8年)、東京ビッグサイト完成に伴い、その役目を譲り渡し閉場した。





≪会場の歴史≫

  • 1956年(昭和31年) 社団法人東京国際見本市協会設立。
  • 1958年(昭和33年) 株式会社東京国際貿易センター設立。
  • 1959年(昭和34年) 東京国際見本市会場完成。
  • 1959年(昭和34年) 初の東京モーターショー開催。
  • 1971年(昭和46年) 新館供用開始。
  • 1981年(昭和56年) 初のコミックマーケットが開催。
  • 1996年(平成8年) 東京ビッグサイト開場に伴い閉場。
≪跡地≫
更地になっており、年に数回警視庁が主催する二輪車運転講習会が行われている。
2001年には、跡地の一部に東京都中央清掃工場が建設された。
東京都は立候補していた2016年夏季オリンピックのオリンピックスタジアムの建設を予定していたが、
落選によりいったん白紙となり、その後東京で開催されることになった2020年夏季オリンピックの選手村予定地となった。