長野市民会館
〒380-0813  長野県長野市緑町1647

長野市民会館(ながのしみんかいかん)は、長野県長野市にあった多目的ホール。

主な概要

1961年(昭和36年)4月1日に開館。1983年(昭和58年)に長野県県民文化会館が完成するまで長野県最大の多目的ホールであった。 設計は佐藤武夫。大ホールは一層スロープ式で1816席の座席を持ち、座席の列はいろは順になっている。
経年による老朽化や隣接する長野市役所第一庁舎が耐震性に問題が生じたため、開館から50年となる2011年3月31日を持って閉館した。跡地には新第一庁舎と新市民会館が一体化した複合施設になる予定である。



≪閉館前施設概要≫

  • 大ホール:1816名(固定席1738席、補助席78席)車椅子用座席12席
  • 集会場:200名(シアター形式254名、スクール形式210名)
  • 応接室:10名収容

≪跡地≫
新第一庁舎と新市民会館が一体化した複合施設が建設される予定である。
完成は平成27年の予定である。
延べ面積は、市民会館が約1万1500㎡、庁舎が約1万6000㎡。市民会館は音楽を主目的とした1300席の大ホール、300席の音楽小ホール(地下)、楽屋(同)、200~300席の演劇主体の多機能ホール(3階)などを備えたものとなる。





交通アクセス

■最寄駅
  • JR長野駅善光寺口より徒歩15分