栃木県グリーンスタジアム

Jリーグチーム名称:栃木SC

〒321-0954  栃木県宇都宮市元今泉6-1-37

栃木県グリーンスタジアム(とちぎけんグリーンスタジアム)は、栃木県宇都宮市にある球技場。施設は栃木県が所有。

主な概要

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟の栃木SCのホームスタジアムとして知られる他、ジャパンラグビートップリーグなどの試合も開催される。
県内初の本格的球技専用スタジアムとして1993年に開場。同年の全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会を開催した。
栃木SC以外に、ジェフユナイテッド市原、横浜F・マリノス、大宮アルディージャ、水戸ホーリーホックがJリーグ公式戦を開催している。 2006年、栃木SCのJリーグ昇格を目指す過程でのJリーグ準加盟承認のため、Jリーグのスタジアム規格に見合った設備への改修が計画された。
2012年9月、工事が完成し、芝生席が立ち見席に代わり、収容人員もJ1基準を満たす15,589人となった。





≪施設概要≫
詳細
面積 芝仕様 収容人数
メインスタンド バックスタンド 南側サイドスタンド 北側サイドスタンド
競技場面積:11,304㎡
敷地面積:93,820.00㎡
建築面積:8,132.85㎡
延床面積:10,271.55㎡
天然芝(全面西洋芝) 固定席5,892席 固定席4,788席 立見2,317人 立見2,592人




交通アクセス

■電車の場合
  • JR東北新幹線、東北本線「宇都宮」駅西口3番乗り場よりJRバス「清原台団地」行で「清原台3丁目」下車、徒歩7分
  • JR東北新幹線、東北本線「宇都宮」駅西口より東野バス「清原球場」行で終点下車、徒歩15分
  • JR東北新幹線、東北本線「宇都宮」駅よりタクシーで25分
  • 東武宇都宮線「東武宇都宮」駅よりタクシーで30分
  • ※試合開催日は、JR宇都宮駅東口よりシャトルバス運行