日立柏サッカー場(日立台)

Jリーグチーム名称:柏レイソル

〒277-0083  千葉県柏市日立台1-2-50

日立柏サッカー場 (ひたちかしわサッカーじょう) は、千葉県柏市日立台の日立柏総合グラウンド内にあるサッカー専用の競技場である。一般には「柏サッカー場」、または所在地の「日立台」の愛称で呼ばれている。

主な概要

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟の柏レイソルのホームスタジアムとして知られるが、施設も同クラブを運営している株式会社日立柏レイソルが所有しており、Jリーグの試合が定期的に開催されるスタジアムの中でクラブ所有なのはヤマハスタジアムとここだけである。
日立製作所(日立本社)サッカー部が1985年に東京都小平市から現在の柏市に移転した際に、日立製作所がその試合会場として柏市日立台公園の敷地内にオープンした(当初の収容人員は約5000人だった)。
1993年にJリーグ規格に合わせて作り直したが、当初、千葉県立柏の葉公園総合競技場の建設が完成するまでのつなぎとしてオープンしたため、メインスタンド中央部以外は鉄骨製の簡易的なものとなっている。
2011年春に柏サッカー場は日立製作所から日立柏レイソルに現物出資という形で譲渡され、チーム自身が所有することとなった。





≪施設概要≫
敷地面積 芝仕様 ピッチサイズ 収容人数
21,400㎡ 天然芝 105m x 68m 15,349人




交通アクセス

■電車
  • JR常磐線、東武野田線「柏」駅東口より徒歩20分
  • 「柏」駅東口1番乗り場より東武バス(名戸ヶ谷行)で「緑ヶ丘」または「日立柏サッカー場前」下車徒歩1分
  • ※日曜祭日は歩行者天国になるため、10:00~18:00までは駅前通りの「駅入口」(歩行者天国時用)より運行