味の素スタジアム

Jリーグチーム名称:FC東京/東京ヴェルディ

〒182-0032  東京都調布市西町376-3

東京スタジアム(とうきょうスタジアム)は、東京都調布市西町にある、多目的スタジアム。当初は主に球技場として使用されていたが、現在は陸上競技場としても利用されている。2003年3月1日から「味の素スタジアム」(略称「味スタ」)の呼称を用いている。

主な概要

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するFC東京と東京ヴェルディのホームスタジアムとして知られる他、日本フットボールリーグ(横河武蔵野FCの主催試合)や大学サッカー(関東大学サッカーリーグ)、日本女子サッカーリーグの他、ラグビーやアメリカンフットボールの試合にも使用される。
2001年3月10日に、アメリカ軍関東村跡地で開業。こけら落としはJリーグ ディビジョン1(J1)開幕戦のFC東京と東京Vの対戦(東京ダービー)であった。設計は株式会社日本設計である。
2002 FIFAワールドカップでは、サウジアラビア代表の練習場として使用された。また、FIFAワールドカップ・オフィシャルコンサートの開催地となり、「INTERNATIONAL DAY」、「KOREA/JAPAN DAY」と銘打ち、2日間のコンサートが行われた。
スポーツ以外にも、野外コンサートやフリーマーケット、自動車メーカーの展示会など各種イベントの会場として使用されている。また、テレビドラマ・コマーシャルの撮影にも使用されており、特に「仮面ライダーシリーズ」、「スーパー戦隊シリーズ」や「相棒」等、東映が製作する作品では外観・スタンド・ピッチ・運営諸室を様々な設定でロケーションに多用している。






≪施設概要≫
座席数 上層スタンド20,600席(一般席)
下層スタンド29,370席(一般席、特別席)
合計49,970席
フィールド 天然芝(107×71m)約7,600㎡
人工芝約12,600㎡
敷地面積 約17.7ha(調布基地跡地約203ha)
建築面積 約44,400㎡
競技場 約43,400㎡(フィールド約20.200㎡除く)
ポケットガーデン 約1,400㎡(飲食、物販店)
延べ面積 約86,000㎡
階数/高さ 地下1階、地上5階/地盤面より32.7m(フィールド面から36.3m)



交通アクセス

■電車
  • 京王線「飛田給」駅北口より徒歩で約5分(スタジアム手前歩道橋を上がって、ペデストリアンデッキより入場)
  • 西武多摩川線「多磨」駅より徒歩で約20分