ニッパツ三ツ沢球技場

Jリーグチーム名称:横浜F・マリノス/横浜FC

〒221-0855  神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1

三ツ沢公園球技場(みつざわこうえん きゅうぎじょう)は、神奈川県横浜市神奈川区の三ツ沢公園内にある球技場である。横浜市の中心市街地を見下ろす丘陵地に整備された緑地・運動公園の一部となっている。2008年3月より「ニッパツ三ツ沢球技場」の呼称を用いている。

主な概要

1964年の東京オリンピックにおけるサッカー競技の会場としても使用された。その後は日本サッカーリーグ(JSL)で古河電気工業サッカー部、日産自動車サッカー部、全日空横浜サッカークラブなどが試合を開催した。これ以外でもアマチュアサッカーやラグビーの試合で頻繁に使用され、同球技場は神奈川県や東日本でのサッカー・ラグビー大会の開催地として重用された。
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に入会する横浜F・マリノス、横浜FCおよび横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.横浜)のホームスタジアムとして知られる他、ジャパンラグビートップリーグや全国高等学校サッカー選手権大会やその神奈川県大会決勝、全国高等学校ラグビーフットボール大会の神奈川県大会決勝などでも使われている。






≪施設概要≫
フィールド ティフトンにベレニアルライグラスをオーバーシード130m×74m
メインスタンド 構造:鉄筋コンクリート造3階建・2階上部スタンド
建築面積:2,478.05㎡
床面積:5,049.11㎡
バック・サイドスタンド 構造:鉄筋コンクリート造平家建・1階上部スタンド
建築面積:4,639.55㎡
床面積:6,629.23㎡



交通アクセス

■最寄駅より
  • JR「横浜」駅西口より市営または相鉄バス(3・6~10番乗り場)で「三ツ沢総合グランド入口」下車徒歩2分
  • 市営地下鉄「三ツ沢上町」駅より徒歩15分